ホーム > 車買取 > 止まっても突っ込んでくる車も自転車もバイクもです

止まっても突っ込んでくる車も自転車もバイクもです

車の運転も、住む場所によって、だいぶ注意が必要です。やはり、豊な人の多いところでは、運転も親切だし、少し残念だと、車は突っ込んできます。突っ込んでくるといっても、こちらが危ないと思って、止まっても、前に進むのです。そんなところに、いつもびっくりしてしまい、ヒヤッとします。ヒヤッとして安心と思ったところに、漬け込むのです。本当に、この習性が悲しすぎます。こうなると、住める人は限られてきます。自分も突っ込む人でしょう。

もっと、優しい運転がしたいです。ゆずり愛はないのです。町も穢かったりします。道路に秩序がないのです。それでも全く困らないのです。自分は一生住み続けるので、そのやり方を熟知しているということなのです。どんなに乱暴でも、そのやり方を知らないほうが悪いという言い分なのです。住みたくはないですね。


弓弦愛が必要な道では、少し遠くても、右折のウインカーを出すのです。そうしないと、突っ込んでこられ、立ち往生です。自分の運転技術に自信があるのでしょうが、いざ、鉢合わせになると、今度は、自分の車を止めて、人の車を動かさせる手法に転じます。もし、こちらがこすったら、こちらのせいです。そのくらい、男性も、女性も、後先考えずに、突っ込んでくるのです。本当に日本かという地域もあるのです。その細い道にルールを持とうという意見もないのが不思議すぎます。そういう車の大半は内装が派手!車はピカピカ!


 少しの遠回りを、許さないのです。

そこまで急ぐ必要があるのでしょうか。前から車が来るときには、だいぶ余裕のあるスペースを開けて、通り過ぎるのを待ちます。そうしてもらうとお相手も感謝してくれるようです。バックミラーでわかりますから。

 

毎朝、子供の通学の送り迎えをし、毎日、がっかりしています。これも損だと思います。だって、時間の無駄ですから。黄色い旗を持っているおじいさんも、不思議には思わないというのが悲しいです。なれというのは、スムーズにいく方法さえも考えないのです。


関連記事

  1. 止まっても突っ込んでくる車も自転車もバイクもです

    車の運転も、住む場所によって、だいぶ注意が必要です。やはり、豊な人の多いところで...

  2. 簡単ネット査定サービスは料金無料522

    オンライン無料一括中古車査定サービスにより、中古車の買取価格が千変万化 します。...